地球

五十猛命(いたけるのみこと)とBristlecone Pine Tree

五十猛命(いたけるのみこと) 樹木について瞑想中に五十猛命(いたけるのみこと)の存在を知りました。 五十猛命(いたけるのみこと)は素盞鳴尊(すさのおのみこと)の御子神。 日本に多く樹木を植えた神といわれています。 五十猛命(いたけるのみこと)の手…

☆星に願いを☆地球に希望を☆

なつかしい 宇宙の星々 肉体のない「霊体」のみの天使のような身軽さ 地球の外から、地球を見つめた時の息をのむような感動 青い 青い 美しい地球 素朴で 将来に対し未知数に富んだ 地球に 多くの地球外生命体が興味をもちました 「失望」や「挫折」を多く経…

なぜ嫌いな人がいるのでしょう??

人生の中で出会う人の中で「このひとは嫌い」とか「この人は好き」という 「好み」のようなことってどうしても出てきてしまうこともあると思います。 ご相談を受ける中で以外と多いのは 「きらいな人がいる自分が嫌」と自己嫌悪に陥ってしまうケース。 あえ…

田園に死す でなく 田園に生きる?

その昔 若かりしころは、寺山修司さんが好きで よく寺山修司の作品を読んだり、映画をみたり、芝居小屋に通ったりしていました。 「田園に死す」は寺山修司さんの代表作ともいえる映画です。 自叙伝風のこの作品は、寺山修司さんはきっと、青森県から抜け出…

ご存知かと思いますが「せっけん」と「合成洗剤」の違いについて

みなさんこんにちは みなさんすでにご存知かと思いますが今日は「せっけん」についてです。 台所で食器洗いに使う「合成洗剤」の多くは「石油成分」から作られています。 水中での分解にとても長い時間がかかってしまうものも多いのです。 ところが、せっけ…

現世で出会う人 過去生の関係

現世で出会う人、特に、両親、親戚、兄弟 恋人 そして、学校で出会った友人、職場の仲間 ほとんどの場合、過去生でも最低1度は出会っており 知っている魂同士が お互いのカルマの消化の為 またこの世で家族や友人というかたちで、また再会している場合が多い…

お釈迦様からマイトレーヤへ

その昔、お釈迦様は 入滅(大涅槃)に入られる前 マイトレーヤに思いをたくしました。 お釈迦様は過去未来永劫の永遠の命をもっておられるのですが、 人々がアセンションに向けて悟ろうとしない為、 あえて私はこの世を去ると言い、改心への祈りを込めて肉体…

マイトレーヤ(ミトラ)からのメッセージ 魂を大切に

魂を大切に~ 魂の進化ステップの推奨なぜ?私たちはこの世に生まれてきたのでしょう?✨過去生があり、今の生があり、この転生(今の生、人生)をあなたが選んできていること自体✨「あなたの魂」がホントは、「愛❤️として進化し、向上⤴️」したがっている証拠な…

ミトラからのメッセージ

ミトラからのメッセージ☆ どんな方でも、地上に生まれてきている方には悟りの「宝珠」がそなわっており、 それに気づいていく努力をすることで、アセンションへと近づいていきます。 簡単な実践方法として、日々出会う人々に「あなたにハイヤーセルフが存在…

セラピストと食べ物・食生活☆

セラピストとして クライアントさんに接するからには、自分の体調と波動を整えておかねばなりません。 特にエネルギー的にてきめんに影響し、波動に現れるのが「食生活」です。 東京生まれの私が田舎にひっこんだ理由のひとつに「健康な食生活の維持」があり…

サナト・クマラ/ミトラ/エル・モリヤ

サナト・クマラは母なる地球自身と一体化し、献身的な働きをされる偉大な大きな意識体です。サナト・クマラのこれまでの人間への我慢と許しとの愛情を思うと、胸が痛みます。地球との一体感をはやく人間が取り戻していける方向に進んでいくようにと祈りも深…

レムリア勉強会

みなさんこんばんは先日行われたレムリアの勉強会も皆様のご協力いただき無事終えることができました。ありがとうございました。ご参加いただきました方々には さらなる たくさんのレムリアンシャンバラの光が 届きますように☆

インカ アステカ チベット3

インカ ☆ アステカ ☆ チベット ☆ と聞くと、ミステリー好きの方や、古代遺跡や古代宗教に興味のある方は わくわくするかもしれません。 どうしてか、ニューエイジの分野、スピリチャルな分野では、 彼らの占星術や宇宙についての知識、未来予知の予言 などに…

インカ アステカ チベット2

シャンバラつながりのインカ アステカ チベットですが、 古代宗教にはいくつかの流れがあり、その中にはシャンバラからのエネルギーとの連結で、 流血を必要とする神への生贄が続く文化がありました。 神様もいろいろで、こういう流れも、地球上に現れてしま…

インカ アステカ チベット

チャネリングの情報によりますと インカ アステカ チベット はシャンバラつながりです。 インカ、アステカに生贄文化があったからには、 当然?!チベット奥義、秘儀にも生贄文化があると思われます。

激しい純粋さ 阿部定 と 「JOHNEN」

日本の歴史の中に、事件として出てくる出来事の中、 目をみはるというか、びっくりするような人物というのがいるものです。 その一人が、「阿部定」さん。 彼女のエネルギーを感じようと試みると、 あまりに「純粋」で 胸が痛くなります。 彼女は結果的に愛…

ヒンバ族☆赤石の粉☆アフリカ

アフリカ・ヒンバ族 なぜ突然ヒンバ族の話?と思われるかたもおられるかもしれません。 今日はウリエルのヒーリングのクラスがあり、 ケルト文化、古代宗教について解説しておりました。 古代の原始宗教には 突然ですが、裸で行う儀式というのがあります。 …

烏骨鶏(うこっけい)の霊力

みなさんこんばんは☆ ウリエルです。 先日とある神社で 烏骨鶏(うこっけい)を大切に飼っているのを見かけました。 烏骨鶏(うこっけい)は中華料理で高級食材として有名ですね☆ でも実は 霊鳥として、とてもパワーのある!鳥です。 ウリエルも将来、いつか…

解せないこと、世界はトリッキー?

最近の中国問題、チベット問題しかり、 地球が平和へと進んでいける道はあるのかと思うと 解せないことがたくさんあります。 共産主義に対しての資本主義。米国は中国の共産主義をもともと批判しておりましたが アメリカが常にサポートしているイスラエルに…

中国政府がCNNのコメントに謝罪請求!?

アメリカのニュースによると ニュース局CNNが中国政府のやり方がまるで「ヤクザ」とコメント。(チベットの件も含め) また中国製品について「ジャンク品」とコメントしたところ、 なんと「CNNに謝罪を請求!」したそうだ。 他の国のニュースコメントにまで…

ジェラシーと好き嫌い 2

ジェラシーについての続きです。 どんな人でもやきもちやジェラシーの気持ちを感じたことはあると思います。 でも「私は焼きもちなんか焼かない!」といっている人もいるでしょう。 そんな方々の個人的な好み、社会批判、人間関係の批判の話を注意して聞いて…

ジェラシーと好き嫌い

みなさんこんばんは 今日はちょっとジェラシーについてお話します。 どんな人でもやきもちやジェラシーの気持ちを感じたことはあると思います。 でも「私は焼きもちなんか焼かない!」といっているひともいるでしょう。 そんな方々の個人的な好み、社会批判…

柴又☆草だんご

先日の続きです☆ 柴又で有名な髙木屋さんの草だんごをいただきました。 団子はしっかりと素材が良い感じでとってもおいしいです。

柴又でインドラ神に会う

セラピーの関係で 柴又近辺を通りました。帰りに ちょこっと立ち寄ったのが柴又 帝釈天。 あの寅さんで有名な商店街の奥にあるお寺に祭られております。 インドラ(Indra、サンスクリット:इन्द्र)はバラモン教、ヒンドゥー教の神の名称で 雷を操る神。『リ…

初詣☆

いまから初詣に行く予定です。 今年も皆様のHAPPYと健康を祈願してまいります☆ 2008年が皆様にとってよい年となります様に☆

天然石 Galena ガレーナが仲間入り☆

ウリエルのクリスタルコレクションに Galena ガレーナ が仲間入りしました。 ガレーナはアメリカ ミズーリ州が産地です。 ミズーリには1ヶ月ほど滞在したことがあります。 アメリカは実によい石が大地から沢山とれる国です。 恐怖心をとりのぞき、心と身体…

クリスタルクラスター☆

クリスタルクラスターには浄化の強いパワーがあり、 よくクリスタルヒーリングに使用します。 各チャクラのつぼ の上に置くとエネルギーがチャクラの自動で回転し始め チャクラのクリーニングを行ってくれます。

光と闇 二極分裂 2

ひさびさのブログになってしまいました。 二極分裂というテーマについてのお題がたくさん天界からきており、 しばらくは二極分裂 についてさらに奥深く考えていく様うながされ 久しぶりにコメントする次第です。 その昔、バベルの塔の神話にみられる様に、地…

光と闇 二極分裂

光と代表する セレナイト 闇を代表する オプシディアン 白魔術と黒魔術 自分は「白」という人は「黒の部分がある人」を忌み嫌うことがありますが 白という人の中にも黒い部分は存在します。 そして自分を「黒」という人の中にも「愛」や人の役に立てたときの…

カメラが直った?ユリゲラーではなく 神社です☆

ウリエルといえば なじみが深いのが龍神様です。 ずーーーーーーーーーーーーーっとデジカメのPLAYボタン(撮った写真を確認するボタン)が こわれたまま2年ぐらいが過ぎていたのですが、 先日、神奈川の「龍蔵神社」におまいりをした後、 なぜか。?不思議…