お盆の過ごし方と隠徳✨

~お盆✨を どのように過ごせば✨運が良くなるか~(クニトコタチのミコト様より)

13日から16日までお盆ですね✨

先日隠徳について お話をしました。

 

お盆✨にどのように✨過ごせば✨皆さんの運が良くなるか✨

アバンダンスが増えるか✨についてお話します。

お盆期間✨は、ご実家に戻られる方も多いかと思います。

◯ご先祖様にしっかり手を合わせてお祈りしましょう。お墓参りをされて、しっかり墓石を磨かれるのが一番です。じつはお盆の前にお客様(ご先祖様)をお迎えする前に「お墓参り(お掃除してお迎えの準備を)」してさしあげるのがベストですが、お盆期間にお墓参り(お墓掃除)でもOKです。

お仕事のご都合で出来ない方は、せめて般若心経を8月13日~16日まで、毎日ご先祖様に唱えましょう✨般若心経がわからない方は、✋を合わせて、「ご先祖様ありがとうございます」と感謝✨をつたえます。1分でもお盆期間に毎日✋を合わせる。

お盆の期間中、殺生の食事を止めてみましょう。(減らしてみましょう)肉だけでなく、卵やお魚もです。

あなたが、あなたの運を良くしたいなら、他の生命にあなたが優しくしなくてどうしましょう✨

このことは、片付けや断捨離効果とある意味✨一緒なんです→余計な行いを減らす。血が通う生物食べなくても、本当はみんな生きていけるでしょう?🌠ましてや恵まれた日本に住んでいるのです。

 

あなたにもしお子さんがいたら、

「いつも命をいただいているのだから、お盆の期間✨だけでも、生き物(お魚や釣っても、魚を解放してあげる話をして)✨に優しくしましょう。」と徳積のお話を食育として、してあげましょう。

昔の日本✨では

クニトコタチのミコト様が中心に居られ❇️✨食の正しい教えが人々と一体でした。

例えば🍀昔良き時代には ✨おばあちゃんや、おじいちゃんが、四足、二つ足の動物を食べないことはもちろんのこと、魚についてもお盆のマナーを伝えていました。

子供や孫に「お盆の期間は仕事が漁師だったとしても、お魚を釣らないように。魚が傷つけない様に。子供にも、お盆に間違えて釣ったお魚は、やさしく海に戻してあげなさい」と伝えていたのです。

 

年長者から、お盆の正しい過ごし方をみんなに伝える文化がありました。✨

もし、この文章を読んで、😮へぇ~っと思った方は

日本の神様の昔ながらの教えに触れたことがないのかもしれません。

運✨を良くするには、「自分の行い✨を愛情いっぱい✨に変化させる」のが基本です。

❇️✨❇️✨❇️✨❇️✨🐤🍀🐑🐱🐔😉✨

皆さん✨良いお盆をお過ごし下さい✨❇️ね。

 

© 2006-2023 Ruby Nakagawa

ヒーリングアートランキング
ヒーリング アート Clairvoyance